小売チャネル

業界分析

EC事業に参入する企業は年々増えています。
では、事業変革を成功させる秘訣とは何でしょうか?

ユーザーの行動やオンライン・オフラインにおける
足跡をデータで把握

オンラインショッピングが新たなトレンドとなるなど、
FMCG(日用消費財)のDX化は加速しています。
Vponはデータと広告ソリューションを活用して、小売業界の課題を解決します。

位置情報データを
効果的に活用

Vpon独自のDMP(データ管理プラットフォーム)を活用することで、ユーザーの行動や位置情報をさまざまなソースから収集・分析し、ユーザーに関するインサイトを実用的なデータに変換することができます。これにより、広告配信前に見込み顧客となる特定のセグメントを正確に把握し、各社に合ったターゲットオーディエンスに対して訴求できるようになります。

オンラインとオフラインの体験を融合

Vponは、プログラマティックデジタルOOH広告(pDOOH)とモバイル広告を統合したO2Oソリューションを提供しています。pDOOHは位置情報を利用し、ユーザーの行動やオンライン上の足跡に基づいてOOH広告を最適化します。そのため、ユーザーとブランドとの関わりは維持したまま、モバイルチャネルを通じてユーザーへ広告配信することができます。

広告配信の拡張も可能

Vponの高品質な広告ネットワークやトラフィックを活用し、データドリブンなアプローチで広告配信をすることで、ユーザーのライフスタイルに入り込む機会を増やし、販売実績を高めることができます。

導入事例紹介

自動車業界(台湾)

自動車業界全体の潜在顧客を掘り起こし、新しいビジネスチャンスを獲得するために、Vponのデータソリューションを用いてオンラインとオフラインのデータを統合した事例をご紹介します。

李錦記(香港)

香港の食品老舗企業である李錦記は、Vponのデータソリューションや広告ネットワークを活用し、日本市場やシンガポール市場においてビジネスを拡大させました。

大手食品配送アプリ(香港)

香港で食品配送アプリを提供するA社は、Vponのデジタルマーケティングソリューションを活用して、食品配送から日用品配送へと事業拡大させました。

小売業界のDX化体験へ