行政・自治体

業界分析

観光ビジネスの成長を促進するビッグデータ

観光ビジネスの回復にいち早く対応

2022年、多くの国・地域で観光産業の大幅な改善の兆しが見られています。
Vponは、インバウンドやアウトバウンド促進に取り組む自治体・観光団体向けに、
旅行者の行動を分析するための膨大なデータを提供します。

観光団体とのデータ連携

Vponは6,000万人を超えるアジア旅行者の行動データと位置情報を保有しています。これらのビッグデータにクライアントが所有するデータを紐付けることで、旅行者誘致につながる重要なインサイトを明らかにすることができます。

データドリブンな
意思決定を

Vponデータソリューションを導入すると、地方自治体や観光団体は各組織が保有するファーストパーティデータを継続的に収集し、可視化することができます。過去の実績や調査データを有効に活用することで、エビデンスに基づいて効果的な観光施策を立案することが可能になります。

"旅マエ・旅ナカ・旅アト"を網羅したアプローチ

Vponのクロスボーダーソリューションを活用し、旅マエ・旅ナカ・旅アトのユーザーの興味とモバイル行動のデータを連携させることで、訪日観光客の特徴・行動を正確に把握することが可能となり、無駄のない最適なプロモーションプランの策定が可能です。

導入事例紹介

八幡平DMO

八幡平DMOにおいて、観光地の再生化のためにVponのソリューションが活用されました。

日本政府観光局(JNTO)

旅行者向けのデジタルマーケティングのために、Vponのデータソリューションが活用されました。

萩市観光協会

国内旅行のプロモーションのために、Vponの「おでかけネットワーク動画プロモーション」が活用されました。

観光DXの体験へ