2023 台湾・日本スマートシティ交流サミットを開催テクノロジーがスマートシティを進化させる

日本と台湾の政府機関が現地の実施事例を共有し、ビッグデータで付加価値の高いアプリケーションを構築し、新たな枠組みを提供します。台北(台湾)2023年3月29日 /PRNewswire/ — 台湾と日本の産業交流を深め、データを利活用し、スマートシティのさらなる発展を推進するため、2023台日スマートシティ交流サミットを開催しました: 新経済ベンチャーズ(NEV)、Vpon、iKala、NextDriveが共催する「Creating A New Paradigm with Data Applications」が3月29日に開催され、台湾と日本の政府機関の代表が一堂に会しました。大阪観光局は、ビッグデータと政府戦略を組み合わせた事例を紹介。イベント内で3つのトークセッションが行われ、台湾政府の代表者が、都市のデジタル変革を促進することを目的とする、スマートインフラの持続可能なデータやAIアプリケーションを利用した交通、観光、商業、経済を再構築する方法について情報共有しました。

サミットでは、国家開発会議 財産開発庁  局長 詹方冠氏と台東県 副県長 王志輝氏が開会の辞を述べ、大阪観光局 理事長 溝畑宏氏が「クロスボーダー連携の拡大とデータ活用」と題して日本におけるビッグデータの活用事例を発表しました。溝畑氏は、Vpon最高戦略責任者の篠原好孝氏と対談し、データ活用における日台企業の協力関係を強化し、新たな枠組み生み出すことを歓迎する旨述べました。台北市観光局の陳秀慧局長と新北市観光局の楊宗珉局長は、ビッグデータの活用と戦略によって台湾と日本のコミュニケーションがどのように促進されるかについて議論しました。また、両氏はデータ活用における過去の経験も紹介しました。

2023台日智慧城市交流高峰會

Vponは、データソリューションの豊富なラインナップを持ち、日本政府と一体となったデジタルマーケティング戦略を成功させました。Vponの創業者でありCEOの吳詣泓氏は、「台湾と日本の新しい経済とスマートガバメントの有望な未来」と題したプレゼンテーションで、日本政府のクールジャパン戦略の成功の原動力となったビッグデータの重要性を改めて強調しました。その結果、多くの台湾人が、パンデミック(世界的大流行)後の最初の訪問国として日本を選んでいます。しかし、ビッグデータの活用は観光に限ったことではないことを強調しなければならない。Vponは、台湾企業が蓄積してきたデータ活用の豊富な経験を生かし、日本政府や日本企業とのパートナーシップを強化し、スマートシティの構築を共同で推進することを計画していると、吳氏は付け加えた。これにより、両地域の経済協力を深めるとともに、新たな経済社会を創造するパートナーとして、ビッグデータ企業が手を携えていくことを期待しています。

トークセッションでは、NEV、Vpon、iKala、NextDriveの4つの主催者の幹部が、付加価値サービスでスマートシティを強化したそれぞれの経験を共有しました。また、台湾地方創生基金会の陳美伶理事長がモデレーターを務め、参加者がビッグデータとAI技術の応用によるスマートシティの実現に向けた成果を詳しく説明するセッションもありました。

VponのグローバルソリューションディレクターRio Changは、クールジャパン戦略のデータ分析で培った経験をSmart Taichung Management Platformに応用し、台中のスマートネットワーク開発に貢献したことを説明しました。Vponは、モバイルデータやバスのリアルタイム動態を分析できるアプリケーション「Vnity」と「Wee」を通じて、利用者の少ないバス停を特定し、市内をより迅速に移動させることに成功したそうです。また、モバイルデータや消費データを分析し、潜在的なビジネスや観光の機会を探ることでビジネスロードマップを作成するプロジェクトに参加し、観光部門の売り上げをさらに増加させました。

iKala共同創業者兼CEOのセガ・チェンは、日本が水際対策を緩和した昨年末から、国境を越えた観光の需要が急激に高まっていると述べています。iKalaのAIデータプラットフォーム「KOL Radar」のデータによると、台湾と日本のオンラインセレブは、観光部門のパンデミック後の回復がもたらす機会を活用するため、旅行先で動画を撮り始めており、2022年11月にプラットフォーム上で公開されたセレブが海外で行ったことや見たことを語るSNS投稿の数は、2021年初から123%増加しています。台湾のメディア関係者にとって、新宿区、富士山、渋谷、難波など日本の観光地が上位を占めているとのこと。チェン氏は、観光客の行動を分析するAIの応用により、観光分野の関係者はトップ観光地についてより深い洞察を得ることができ、AI技術が可能にする運用分析の価値から利益を得ることができると説明した。当社は、AIを中心としたインフルエンサーマーケティングサービスをさらに強化し、多方面のお客様にビジネスチャンスを創出することを目指していく予定です。

最後のトークセッションは、NEVのジェネラルパートナーであるジェフ・ウェンがモデレーターを務め、企業、政府機関、教育機関の代表者ら5名による豪華な顔ぶれで行われました。このセッションでは、参加者がスマートシティの将来像について語り合いました。NextDriveの創業者でありCEOのJeryuan Yanは、同社が企業や家庭の顧客にワンストップのエネルギーIoTソリューションを提供し、エネルギーのデジタル変革を実現することを説明した。NextDriveは、日本のエネルギー業界で権威のある「2022年新エネ大賞」を受賞したことでも知られています。また、昨年、日本の経済産業省が立ち上げた最大規模の分散型エネルギー管理実証プロジェクトにも参画しています。NextDriveは、IoT技術の応用により企業や家庭のエネルギー管理ソリューションを統合し、台湾と日本の政府がエネルギー強度を備えたスマートシティを構築するのを支援する予定です。

持続可能性は、スマートシティの実現というミッションに不可欠な要素です。2022年11月、国立中正大学は台湾初の持続可能なスマートシティのためのコマンド・モニタリングセンターを設立し、情報技術学部長Pao-Ann Hsiungが率いる学際的なチームは、データをAI、機械学習、スマートダッシュボード、持続可能なパフォーマンス指標と組み合わせ、スマートシティ建設を促進するプレミアム統合データアプリケーションを提供しました。Hsiung氏によると、産官学や研究機関の連携を促進する包括的なアプローチにより、同センターは、国連の持続可能な都市のための持続可能な開発目標(SDGs)にAIを適用し、モニターで交通状況をリアルタイムで監視し、映像認識技術を使用して雨や霧を自動的に計算から削除しながらドローンで大気質指標を計測するなど、その持続的発展を進めてきた。台中市政府の研究開発評価委員会の責任者であるYan-li Liu氏は、持続可能な都市統治を進めるためのテクノロジーの活用方法について見解を述べました。彼は、台中市がテクノロジーを使って工場の煙突をインテリジェントに監視し、AIを活用して排ガスのある車両を識別し、さらに野外燃焼や粉塵のリアルタイム通知システムを導入していることを指摘し、スマート交通ロゴやスマート駐車場を都市計画全体に組み込むことによって、より住みやすい都市にするという最終目標を掲げた。

国際空港を擁する桃園市では、国内外からの旅行者に、より充実した体験を提供するため、交通・駐車インフラの最適化に力を注いでいます。また、スマート観光管理プラットフォームを構築するため、観光データを一元管理するとともに、AIやビッグデータを活用した統一的なスケジューリング・管理を行い、旅行者のニーズを正確に予測しながら観光資源を効果的に管理・監視することを目指しています。台湾南部に位置する屏東県では、従来、地域の交通システムが互いに独立し、資源が統合されていなかったが、スケジューリングと配車を統合する交通情報プラットフォームと遠隔地農村部の配車プラットフォームからなるスマート交通基盤を構築し、病院や学校への通院、老親の介護を必要とする地域住民が効率的に公共交通を利用できるようになりました。

2023年台湾・日本スマートシティ交流サミットでは、これまでの成功体験をもとに、より住みやすい都市を作ることをミッションに、交流・学習プラットフォームの構築に加え、ビッグデータやAIの活用によるスマートシティづくりの両政府や台湾・日本企業の実績を紹介しました。

More

ツーリズムEXPO2023

世界最大級 旅の祭典 ツーリズム EXPO ジャパン 2023 大阪・関西に出展

クールジャパンDXソリューションの説明会をVponブースにて開催 ツー...
ニュース
Learn More
A Glimpse of Affluent Taiwanese People

【Vpon Insights】A Glimpse of Affluent Taiwanese people

Taiwan has risen to rank as the fir...
Blogニュース
Learn More

【第2回 日本観光ショーケースin大阪・関西】 Vpon JAPANの出展・セミナーへの登壇が決定。

アジアビッグデータカンパニー Vpon JAPAN株式会社(本社:東京...
ニュースプレスリリース
Learn More