Vpon

大阪での大きなプロジェクト、毎週大阪が楽しみです|Vpon JAPAN社長の想い

こんにちは、Vpon JAPANの篠原です。
ブログの投稿の間隔が少しあいてしまいました。マーケ室長の有田に詰められないかと心配です。

完全に言い訳ですが今、毎週大阪へ通っています。基本2日間で、3日間の時もあります。
先月リリースさせて頂いた、大阪観光局様とのDMP構築プロジェクトの推進が主な目的です。

(リリースはこちら)
https://www.vpon.com/jp/about/news/46/

基本的に早朝の新幹線で向かうのですが、SmartEXで早めに予約すると、普通席の価格でグリーン席に座れるんですよね、皆さんご存知でしたか?
一度座るとまた座りたくなるもので、けっこうこれが楽しみで毎週通っています。ゆったりとした座席でさらに空いていて快適です。当然仕事もはかどります。クリアな富士山に出会えることも多く、イイコトだらけです。
乗っている2時間半があっという間です。瞑想して仕事して日経を読んだら、ちょうど到着という感じです。

さて、大阪観光局様のデータ基盤構築ですが、下記が概要です。
2025年の万博が決まり、IR推進も進む中、今年はラグビーワールドカップやG20の開催もあります。
大阪のインバウンドはさらに盛り上がっていくことが考えられる中で、今回このDMPプロジェクトが始まっています。

vpon
ここまでフェーズ1と位置づけた11月、12月は、各メディア・アプリのデータの整理と収集、BIツールの作成に向けた各部署へのヒアリングを実施してきました。ヒアリング会を受けて、弊社データサイエンティストと議論を重ね、大阪観光局さまの課題に沿ったツール(ソリューション)の開発を現在行っているところです。

もともと大阪観光局様はデジタルマーケティングへの取り組みが活発で、色々な施策にチャレンジされていらっしゃいます。
ただ、これまでデジタル施策によって溜まってきているはずのデータが、うまく活かしきれていないという課題がありました。
データを整理し解析しうまく視覚化することで、もっと効率的なマーケティングが実施できるのではないかというマーケティング室の方々の熱い想いでプロジェクトが始動しました。

大阪観光局、それ以上に大阪のインバウンドにおけるゴールは明確です。
- 来阪客数を増加させること
- それにより消費を活性化させること

この2つを追求するために、データを整備・見える化した後にどんなことを実施していくのでしょうか。
例えば下記を想定しています。

- ペルソナの確立

ビッグデータの解析で大阪に来ている訪日観光客の人物像が浮かび上がってきます。国ごとに見たとき、それぞれどんなペルソナが想定できるでしょう。これは既にVponが持っている6000万人のアジア観光客からも分析をしていますが、大阪観光局様保有のデータ、また今後収集していく外部データを掛け合わせて見た時に、どんな姿が見えてくるのか、とても楽しみです。

- コンテンツ造成

おぼろげながらもペルソナが上記の通り浮かび上がってきます。ではそのペルソナに沿ったコンテンツとはどのようなものでしょうか。ここでいうコンテンツとは、観光資産の組み合わせやメッセージの表現方法、クリエイティブなどを指します。大阪もそうですが、観光資産は十分にあります、それを誰に(ペルソナ)、どんな風に見せるかという点が重要で、ペルソナから想定できる最適なコンテンツを考えます。例えば大阪に来ている"20代台湾人女性エンタメ&旅好き"というようなペルソナ像に対しては、例えばですが「USJおすすめグルメ特集〜!」のようなコンテンツ作りが良いかもしれません。

- モデルコースの発掘

訪日観光客は旅ナカでどのような動線をたどっているのでしょう。それは、自治体や事業者が望むもの(商品)にどれくらい合致しているのでしょうか。旅ナカにいる観光客のロケーションデータをたどることで、色々な視点が見えてくるかもしれません。お迎えする側のオススメの周遊ルートと実際の足取りをうまく組み合わせて最適なモデルコースを発掘する、そんな実験をビッグデータ解析で実現していきたいと考えています。

- デジタルプロモーション

来阪リピーター、来阪したことが無い訪日リピーター、コスメ好きユーザー、データをセグメントするとここまで細かくターゲティングができます。訴求する商材・サービスに沿ったオーディエンスへ情報を届け、そこから機械学習によるオーディエンス拡張へ配信対象をひろげ潜在的なユーザーへ展開します。そしてVpon広告プラットフォーム、Google、Facebook、あらゆる広告プラットフォームを横断的に活用し最適なコミュニケーションデザインを展開します。

まだまだありますが、上記が主に今実行中のデータ活用方法です。

このデータ活用を円滑に進めるために欠かせないのが、データを視覚化し事業にかかわるすべての人が見れて使えるBIツール(いわゆるダッシュボード)の開発なのですが、このパートは別の回で詳しくご紹介したいと思います。(Vpon ではいま1000以上のダッシュボード開発を実現してきました!)

4月に開所した大阪オフィスも11月には増床しノリに乗っております。
大阪観光局様とのプロジェクト推進のみならず、多くの事業者様とお仕事する機会が増えてきました。

大阪オフィスは人材採用中ですので是非ご興味ある方、またご紹介もどしどしお待ち致しております!
https://www.wantedly.com/projects/259274

↓↓↓大阪オフィス

vpon
大阪プロジェクトメンバー
↓↓↓

vpon
また、大阪オフィスだけじゃなく東京オフィスも"人財"を幅広く募集中です。

インバウンド×ビッグデータソリューション アカウントマネージャー募集!
https://www.wantedly.com/projects/96962

Vpon JAPANのマーケティング活動をサポートしてくれる方募集!
https://www.wantedly.com/projects/199872

インバウンドデータを収集しよう!パートナー開発営業募集!!
https://www.wantedly.com/projects/100554

インバウンド×ビッグデータ営業を担うセールスマネージャー募集!
https://www.wantedly.com/projects/96950

訪日関連データをいじくり回し付加価値を創造するデータアナリスト募集!!
https://www.wantedly.com/projects/199873


Vpon公式アカウントをフォローして最新情報をチェック!


サイトマップ

ニュースレターの購読

ケーススタディ、モバイルデータに関するニュースやイベント情報を毎月お届けします!

お問合せ

東京

staff_jp@vpon.com

+81-3-6361-0252