• 私たちの知らない新しい旅行者ニーズ

    レポート記事

    最新レポート記事、プレスリリースなど
春節
2021年2月春節のインバウンド対策カレンダー

2021年の中華圏のお正月(春節)は2021年2月12日(金)になりますが、その前後が正月休みとなり、大型連休となります。春節には真っ赤な飾りつけがされ、子供たちには紅包(ホンパオ)という赤いポチ袋に入ったお年玉が渡され、家族で集まってご飯を食べたり、旅行に出かけたりする大型連休になります。前日の2月11日(木)は除夕(チューシー)と呼ばれ、大晦日にあたります。中華圏出身の社員もそわそわして仕事が手につかなくなる時期です。

詳細はこちら >
サムネ
INBOUND ONLINE CAFE お酒片手に語ろうよ、インバウンド夜会〜 イベントレポート

大盛況のうちに終了した、7月15日(水)開催のイベント「INBOUD ONLINE CAFE〜お酒片手に語ろうよ、インバウンド夜会〜」
今回は「インバウンドはこれからどうなるのか」「他国の状況はどうなのか」について思いや考えを共有すべく、弊社の女性社員4人と飲み物を片手にイベントを行いました。
レポートでは「台湾の今」を中心に、当日の様子をお届けします。

詳細はこちら >
簡体字と繁体字の違いとは 〜LP、運営サイトを総チェック〜

中華圏で使われている漢字には「簡体字」と「繁体字」が存在します。それではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか?この違いはインバウンド対策を行う上で一番に注意を払わなければならない部分といえます。
ということで今回は簡体字と繁体字の違いについて考えていきます。

詳細はこちら >
withコロナ回復ロードマップ
withコロナ回復ロードマップ

日本よりも状況が安定している国や地域も増えてきており、それぞれ今後の観光対策についてのロードマップの公開が始まりつつあります。それらを参考にして、今後の訪日インバウンドの対策の目安についても徐々に見えてきています。

詳細はこちら >
旅ナカ分析
旅ナカ移動分析における4パターンの対策とは

線で動く旅ナカの旅行者に着目し、近隣の訪日客のボリュームと流入割合の2軸をもとにして、各4つの対応分類をご紹介しています。特に「近隣の訪日者が多いが、そこからの流入は少ない状態」「近隣の訪日者が少ないが、そこからの流入の割合は高い状態」については、分析結果と集客プロモーションをうまく活用することで成果の最大化が狙えるポイントとなります。

詳細はこちら >
清明節のデータレポートからみる中国における旅行の新潮流

中国では新型コロナウイルスの流行がある程度落ち着きの観光関連企業も徐々に業務を再開しています。
そんな中で中国では4月4日から6日まで清明節による3連休となりました。
しかし今年は新型コロナウイルスの影響で清明節のお出かけは例年と少し違ったものになったようです。
中国の旅行トレンドに一体どんな変化があったのでしょうか。
今回は中国旅游研究院が発表した「2020年清明节假日旅游市场研究报告」や中国国内のOTAが発表したデータレポートから紹介していきます。

詳細はこちら >
インタビュー動画
インターンを終えて、伝えたいこと

2019年8月から2020年3月まで、Vpon JAPANでインターンシップを終えたNanamiさんをインタビューしました。
YouTubeではすでにインタビューの様子を配信していますが、今回は動画には入り切らなかったインタビュー内容について紹介していきます!

詳細はこちら >
日本を待ちわびて
日本を待ちわびて〜SNSからみる訪日旅行への期待〜

日本政府観光局(以下JNTO)の運営するVISIT JAPANのFacebookページなどでも各国への情報発信がされておりますが、台湾人向けのFacebookページは2020年3月2日の告知を最後に投稿が一次休止されております。一方、香港人向けのFacebookページでは投稿が続けられており、今回はSNSから見える香港人の訪日インサイトに焦点を当てたいと思います。

詳細はこちら >