top_beenos-travel

日本国内ではまだまだ厳しいコロナ状況ですが、台湾では様々な報道のとおり世界的にもコロナ対策に成功しており、すでに台湾国内の旅行は活性化しています。今回は最もインバウンド回復が早いと予想される台湾に着目し、訪日台湾人に特化した旅行メディア「トラベルバー」を運営するBEENOS Travelとアジア全域のビッグデータを保有するVpon JAPANとの共催ウェビナーをお届けします。

開催概要

Vpon JAPAN × BEENOS Travel
9/16
15:00-16:30
  • 【タイトル】インバウンドの突破口は台湾にあった〜日本の知らない台湾人の旅行計画〜
  • 【開催日時】2020年9月16日(水)15:00 − 16:30
  • 【開催形式】ウェビナー(Zoom)
  • 【参加費用】無料
  • 【対象の方】自治体、観光協会、インバウンドに関連する企業の方
  • 【参加方法】お申込み後にメールでお送りします
  • 【運営会社】「Vpon JAPAN株式会社」「BEENOS Travel株式会社」共催
PROGRAM
ウェビナープログラム
15:00-15:10(10分)
OPENING
「インバウンドの突破口は台湾にあった」
趣旨および登壇者紹介

モデレーター
Vpon JAPAN株式会社
インバウンド広告事業部 アカウントマネージャー
八須知美
15:00-15:10(10分)
Chloe
15:10−15:50(40分)
Session1
「日本人の知らない台湾のアフターコロナ」

Vpon JAPAN 株式会社
インバウンド広告事業部
シニアアカウントマネージャー
Chloe Chiang(クロエ チャン)

台湾出身、東京在住。 台湾電通one、台湾ADK、日本電通など広告代理店で7年以上営業職を勤め、2020年よりVpon JAPANに入社。シニアアカウントマネージャーとして中華圏プロモーション多く取り扱い、民間から行政までネイティブならではの解決策を提案。
15:10−15:50(40分)
BEENOS-Travel
15:50-16:30(40分)
Session2
「コロナ後のインバウンドのニーズ変化(台湾)」

BEENOS Travel 株式会社
代表取締役社長
竹内 拓

ブルネイ、イギリス、NYで育ち、バックパッカーを通しグローバルな感覚を身につける。大学時代の仲間とBEENOSを創業、同グループ会社のデファクトスタンダード、ショップエアラインの代表を経て現在に至る。 現職では日本インバウンド連合会のメンバーとして、各自治体様のインバウンドへの課題に対して、今まで多岐に渡り新規事業を見てきた視点やグローバル経験から、コロナ禍の新たなインバウンドのあり方を提唱。
15:50-16:30(40分)
  •  

Vpon JAPAN

メールマガジンにご登録いただくことで、事例・データレポート・セミナーなどに関する最新情報をお届けします

Copyright © 2020 Vpon JAPAN K.K. All Rights Reserved.