Vpon

企業文化

起業家精神
Vponはリスク管理のもと、チームメンバーに対しトライ&エラーによる経験を積み重ね、アイデアのヒントにすることを推奨しています。データと推論を用いて根拠となる統計を導き出し、新しい概念として受け入れフレキシブルな意思決定を行いたいと考えています。「事実」と「データ」にフォーカスし、成功を求める強い意志と革新を刺激するという決意のもとでのみ、顧客の獲得と競業他社からの尊敬を得ることができるのです。
利他主義
Vponは、自分よりも他者の利益を優先する”利他主義”の精神を尊重しています。これにより、クライアント・パートナー・従業員と、互いに有益な関係を長期間に渡り構築することができるのです。その結果、ビッグデータの力によりクライアントがより多くのトランザクション機会を獲得し、ビジネスの成長へとつなげていくためのサポートを続けることができています。これこそがVponのミッション “Data Drives Transactions データからトランザクションへ”を実現することで利他主義の実践となるのです。
さらに、職場では、チームメンバーに対する思いやり、社会に対しては、次世代の若者が世界や恵まれない環境の人々に目を向けられる環境を作り上げることを目標としています。
オープンマインド
できないことは何もない!社内に階級はなく、あるのは役割のみです。階級制度は否定し、フラットな管理システムでオープンマインドなコミュニケーションを推奨しています。マネージャーの仕事は指示を出すことではなく、ともに協力して職務に当たることです。私たちはオープンな職場環境こそが企業にとって古きを打破し新しきを生み出すのに重要なメカニズムであり、継続的な成長をかなえるものだと信じています。
Vponは、部門や立場に関わらず従業員全員を最も重要な財産であると考えています。会社の重要な一員としてすべてのVponメンバーに対し、積極的に行動し、意見を述べ、会社とともに成長してほしいと常に伝えています。一方で、絶対的なゴール達成の重要な要素となる双方向のコミュニケーションの重要性も認識しており、Vponメンバーは異なる意見に対する敬意も忘れません。
サイトマップ

ニュースレターの購読

ケーススタディ、モバイルデータに関するニュースやイベント情報を毎月お届けします!

お問合せ

東京

sales.jp@vpon.com